見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME > イベント > 講演・講座・ワークショップ > 講演会「がん治療の最前線としてのBNCT」

講演会「がん治療の最前線としてのBNCT」

内容
がん細胞だけを選択的に破壊することから、がん治療の在り方を大きく変える可能性を秘めたBNCT(ホウ素中性子捕捉療法)。
開発実用化に携わる2人の研究者、医師がそれぞれの立場から新しいがん放射線治療の現状を紹介します。

第1回目は、筑波大学医学医療系脳神経外科講師 山本哲哉先生による「がん治療の最前線としてのBNCT」をテーマに講演を開催します。
開催日
2013年3月2日(土)
開始時間
14:00~14:45
対象

一般

場所

エントランスホール(1階) 「サイエンスシティつくば再発見」前

申込方法

このイベントはどなた様もご参加いただけます。
開催時間に会場へお越しください。

参加費

無料

講師
所属:筑波大学 医学医療系 脳神経外科 講師
氏名:山本 哲哉(やまもと てつや)先生
■経歴
筑波大学医学専門学群卒
日本脳神経外科学専門医
原子力研究開発機構研究嘱託
がん治療認定医兼暫定教育医
国際中性子捕捉療法学会理事
博士(医学)

■専門分野
脳腫瘍手術及び治療研究

■研究テーマ
悪性グリオーマに対する中性子捕捉療法
備考

※本講演は、3月17日(日)まで開催している「つくば国際戦略総合特区『ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)』展示」の関連イベントです。
興味のある方は、是非展示もご覧ください。
また、講演の内容に興味のある方は、3月17日(日)に開催する講演会「BNCT用治療装置の開発実用化について」もぜひご参加ください。

問い合わせ

029-858-1100(代) つくばエキスポセンター 小林

電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。