見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME > イベント > 講演・講座・ワークショップ > 水戸光圀と「天地明察」&番組テーマソング演奏

水戸光圀と「天地明察」&番組テーマソング演奏

内容
明治5年の改暦を背景に、暦のしくみをリズミカルに紹介しているプラネタリウムオリジナル番組「こよみ・小噺・星語り」。
つくばエキスポセンターでは、この番組の内容に関連した講演会を5月7日(土)に開催します。
テーマは、「水戸光圀と『天地明察』」。
純国産の暦をテーマに取り上げ本屋大賞を受賞した「天地明察」と水戸光圀との関係について紹介します。
ブレイクタイムには天地明察をイメージした番組オリジナルソングの披露も行います。
開催日
2011年5月7日(土)
開始時間
14:00~15:40
対象

小学4年生以上

定員

25名

場所

創造の森“ワンダーラボ”(2階)

申込方法

要事前予約。
参加ご希望の方はページの下にある4月15日から表示されるページ下の専用申込フォームからお申し込みください。

参加費

無料

講師
所属:仙台市郷土研究会理事、アマチュア天文家、郷土史・陰陽道史研究家
氏名:黒須 潔(くろす きよし)氏
【略歴】
東京都出身。仙台市役所電気技師。
平成5年から10年にかけて仙台市天文台に勤務。この時に出会った古地図研究家の青木千枝子氏の薫陶を受け、仙台藩の天文史について興味を持つようになる。
環境局を経て、現在仙台市交通局に勤務。
【研究内容】
仙台市天文台在職中に小惑星を2個発見し、それぞれ公募により仙台市の木であるケヤキと仙台市の花であるハギに由来する名が付けられた。
天文台を離れた後に、仙台藩の天文をテーマとした郷土史・陰陽道史研究家に転向しており、宮城県図書館史料調査員、岩出山町史執筆員などとして活躍。宮城県岩出山町(現大崎市)の『資料集第3集 天文暦学者名取春仲と門人たち』、『岩出山町史』の刊行に携わっている。
平成13年、研究ノートであるホームページ「仙台藩の天文学史」を開設。徐々に反響を呼び、科学史の研究者や郷土史家から注目されるようになった。
講師
所属:天文台マダム日記
氏名:梅本 真由美(うめもと まゆみ)氏
※今回の講演では、番組テーマソングの披露を担当されます。
【略歴】
長野県出身。NTT勤務を経て広告代理店NTTメディアスコープへ。編集、マーケティング、ホームページの企画制作等を担当。結婚後は専業主婦となる。
【活動内容】
4歳からヤマハ音楽教室へ通いはじめ、17歳のときヤマハ音楽能力検定ピアノ演奏グレード5級を取得。しかし、いつのまにかロック中毒になり、独身時代はバンド三昧♪ ロックな青春をおくる。NTT入社後、元グランドファーザーズの津山浩三を中心としたプログレ・バンドでヴォーカル & ピアノを担当。吉祥寺シルバーエレファント等でライブ活動を行う。結婚後、子育てが落ち着くまで音楽は封印していたが、2007年、山梨県立科学館のプラネタリウム・ワークショップへの参加がきっかけとなり、曲作りを再開。2008年は同館のプラネタリウム番組「明かりをけして ~ 星降る街のシンフォニー ~」の音楽制作を担当した。2011年春には、つくばエキスポセンターのプラネタリウム番組「こよみ・小噺・星語り」の音楽制作を担当。イベント出演や、ピアノ演奏つきのサイエンスカフェを行うなど活動の幅を広げている。

妻の視点から天文学者の生態をユーモラスに描いたホームページ 「天文台マダム日記」 を好評配信中。
問い合わせ

つくばエキスポセンター 菊川 真以
TEL:029-858-1100
E-mail:koyomi@expocnenter.or.jp

このイベントの応募期間は終了しています。
電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。
イベントカレンダー
2017年3月 前の月へ現在の月次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

・・・休館日

※月・日をクリックしていただくとイベントの一覧がご覧いただけます。

開館情報

■開館時間
9:50~17:00(入館は16:30まで)

■今月の休館日
6日,7日,13日,21日

※原則毎週月曜日・月末最終火曜日・年末年始・臨時休館あり

世界最大級のプラネタリウム臨場感あふれる満天の星々を・・・
財団法人つくば科学万博記念財団
モバイルサイト紹介
つくばエキスポセンター友達に教える