見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME > イベント > 講演・講座・ワークショップ > ワークショップ「放射線を知ろう」

ワークショップ「放射線を知ろう」

霧箱を作成して放射線の飛跡を観察してみよう
内容
 放射線は目で見ることはできませんが、実は私たちの身の回りに存在しています。例えば、宇宙からの放射線(宇宙線)、岩石などに微量に含まれるウラン、大気に微量に含まれるラドンなどがあります。私たちはいつも自然界から放射線を浴びています。
 第1部では日本科学未来館が企画・制作したワークショップ「放射線」を行います。「霧箱」を作成し、放射線を目で見て観察します。さらにその場の空間線量を測定して私たちが自然放射線を浴びていることを確認します。放射線の基礎知識、人体への影響について学び、放射線との向き合い方を参加者とコミュニケーターが一緒に考えていくプログラムです。
 第2部では、第1部で放射線の基礎を学んだ上で、福島原発事故の環境への影響はどうだったのか、放射線の影響を受けた福島の最新情報について、国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 植頭康裕氏をお招きして講演していただきます。
 
開催日
2019年3月31日(日)
開始時間
13:00~15:00
所要時間

2時間

対象

中学生以上

定員

20名

場所

第1休憩室

申込方法

3月1日(金)10:00よりページ下の専用申込ホームよりお申し込みください。

参加費

無料

主催・共催・後援・協力

企画・制作:日本科学未来館
協力:国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構

講師
所属:国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 福島研究開発拠点 技術主席 保安管理室長
氏名:植頭 康裕 氏
博士(理学)
福島大学大学院共生システム理工学研究科客員教授

1967年福島県いわき市出身。東日本大震災直後から原子力緊急時支援研修センターにおいて、緊急時環境放射線モニタリングに従事。その後、福島県内において、福島県民の内部被ばく評価プログラム作成等の健康影響評価、環境影響評価、危機管理に従事。
環境省特定廃棄物埋立処分施設アドバイザリー委員会委員長
環境省情報発信拠点運営委員会委員長
環境省管理型処分場環境安全委員会委員長代理
東京消防庁特殊災害支援アドバイザー他
開催日 開催時間 お申し込み
2019年3月31日(日) 13:00~
電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。
開館情報

■開館時間
9:50~17:00(入館は16:30まで)

■今月の休館日
4日,11日,12日,18日

世界最大級のプラネタリウム臨場感あふれる満天の星々を・・・
財団法人つくば科学万博記念財団
モバイルサイト紹介
つくばエキスポセンター友達に教える