見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME > イベント > 講演・講座・ワークショップ > おとなのためのサイエンス講座『元素講話』

おとなのためのサイエンス講座『元素講話』

内容
おとなが気軽にサイエンスについて学び、関心を深めることができる講座です。

今回の『元素講話』は、講座内でステップ2から3へ学習を進めます。

ステップ2の「おもしろいサイエンス」体験+理論を学習
ステップ3の「わかるサイエンス」理論を学習

全4回の講座を行います。


第1回 『元素講話① ~元素発見の歴史と元素周期表(ステップ2)~』 3月29日(水)13:30~15:30
 人類は紀元前5万年から石の利用を始めて以来、現在まで118個の元素の発見の歴史を辿る。
 メンデレーエフによる最初の周期表の紹介と現在の元素周期表の見方や
 宇宙、地球、人体はどのような元素で構成されているのかを学ぶ。


第2回 『元素講話② ~身近な商品の含有元素(ステップ2)~』 4月19日(水)13:30~15:30
 元素と原子の違い。生物に必要な34種類の必須元素の特徴とその効能。
 身近な商品(ペットボトル飲料、食品乾燥剤、携帯保温剤等)の含有元素について。

    
第3回 『元素講話③ ~元素の性質と化合物の関連(ステップ2)~』 4月26日(水) 13:30~15:30
 元素周期表の横軸(1族~18族)と縦軸(1周期~7周期)の定性的な意味や
 多くの物質は2つ以上の元素を含む化合物から構成されていることを学び、
 生活に密着した物質を構成元素から覗いてみる。


第4回 『元素講話④ ~見えない元素の本質(ステップ3)~』 5月10日(水)13:30~15:30
 原子を構成する電子は粒子と波の二重性を有する。
 近代科学の手法から元素周期表の族と周期の意味を定量的に知る。
 最後に、4回の本講義を通じて、生活に密着した物質の本質をつきとめたことを確認する。
開催日
2017年3月29日(水)
開始時間
13:30~15:30
所要時間

2時間程度

対象

科学技術に関心のある大人の方 ※原則、1テーマ内全講義の受講が可能な方

定員

5名以上(最大20名) ※場合によっては開講できない可能性があります。

場所

つくばエキスポセンター 第1休憩室

申込方法

このページ下部に表示される申し込みフォームよりお申し込みください。

※3/29の申込から入っていただくと、全4回の講座申込になります。

参加費

1000円(内容により別途材料費がかかる場合があります)/回 (別途入館料)

講師
所属:筑波大学
氏名:大嶋 建一(おおしま けんいち)
筑波大学名誉教授(理学博士)。1946年群馬県生まれ。東北大学理学部卒業後、同大学理学研究科博士課程修了。その後、名古屋大学工学部助手を経て
筑波大学物理工学系、物質工学系の教授。専門はX線・中性子線散乱法を用いた無機物質の結晶構造解析。2011年の定年退職後、筑波大学教育社会連携室の特命教授として、中学生、高校生への科学の啓蒙活動を行う。
問い合わせ

運営部 普及事業担当

このイベントの応募期間は終了しています。
電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。