見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME > イベント > 講演・講座・ワークショップ > トークセッション「2050年の天気予報」

トークセッション「2050年の天気予報」

2050年 日本の天気予報(画像提供 国立環境研究所)
内容
トークセッション「2050年の天気予報~気象キャスターと科学者が語る、34年後の天気~」

2014年にNHKで放送された「2050年 日本の天気予報」。この番組に出演した井田氏と江守氏によるリアル版「2050年の天気予報」です。
二酸化炭素排出量がこのまま増加すると2050年の天気はどのように変化するのかお話します。

本講演会は、国際植物の日の関連イベントです。

[満員御礼]定員に達したため、お申し込みの受け付けを終了いたしました。ありがとうございました。(2016年5月24日)

開催日
2016年5月29日(日)
開始時間
13:00~14:00
所要時間

60分

対象

中学生以上(小学校高学年も可)

定員

200名 ※先着順

場所

プラネタリウムホール 
※5/29、プラネタリウム上映スケジュールは変更となります。

申込方法

このイベントは事前申込が必要です。
4/29(金祝)10時からこのページ下部に表示される申込フォームからお申し込みください(先着順)。

参加費

無料

主催・共催・後援・協力

国立環境研究所 地球環境研究センター

講師
所属:気象キャスター
氏名:井田 寛子
筑波大学第一学群自然学類化学科専攻。宇宙化学研究室卒業。
製薬会社勤務の後、NHKキャスターに転身。
静岡放送局、首都圏センターに勤める間、気象予報士の資格を取得。
気象キャスターとして大阪放送局へ異動、東日本大震災の年2011年~2016年NHKニュースウオッチ9担当。
現在はTBSあさチャン出演。筑波大学非常勤講師。
地球温暖化の対策を呼び掛けるため、出前授業や講演活動、2014年にはニューヨークで開かれた国連気候サミットに参加。
著書に「気象キャスターになりたい人へ伝えたいこと(成山堂書店)」
趣味はヨガ(全米ヨガアライアンス200取得)、ランニング、ダイビング、野菜料理(ジュニア野菜ソムリエ)。
講師
所属:国立環境研究所 地球環境研究センター 気候変動リスク評価研究室 室長
氏名:江守 正多
東京大学教養学部卒業。同大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。
1997年より国立環境研究所に勤務。
2011年より気候変動リスク評価研究室長。
2016年より低炭素研究プログラム総括。
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書主執筆者。
2012年度日本気象学会堀内賞受賞。
専門は地球温暖化の将来予測とリスク論。
著書に「異常気象と人類の選択」(角川SSC新書)ほか。
このイベントの応募期間は終了しています。
電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。