見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME > イベント > 講演・講座・ワークショップ > 藻類オイルの実用化に向けて-ボトリオコッカス編

藻類オイルの実用化に向けて-ボトリオコッカス編

[写真左]ボトリオコッカスのコロニーをつぶした様子。透明な水滴のような部分がオイル(提供:筑波大学)
[写真右]講演終了後は藻類を模したオリジナルキーホルダーを作りましょう
内容
 藻類(そうるい)とは、光合成により酸素を生み出す生物のうち、コケ植物、シダ植物、種子植物を除いた生物の総称です。例外もありますが、その多くは光の豊富な浅い水中で生活しています。地球の歴史を振り返って見ると、藻類は酸素の放出や二酸化炭素の吸収による大気組成の変質など地球環境を大きく変え、その後の生物進化の方向に大きな影響を与えてきたことがわかります。同時に、鉄や石油といった、私たちのくらしを支える資源も生み出してきました。

 私たちはコンブやワカメを食用にするだけでなく、生活の身近なところや、意外なところで、藻類を原料として利用しています。さらにここつくば市では筑波大学が中心となり石油系オイルを産み出す微細な藻類を利用して、石油の枯渇などエネルギー問題の解決にむけた取り組みが進められています。

 本イベントは、そんなオイルを産み出す驚くべき能力をもった藻類「ボトリオコッカス※」を中心に藻類オイルの実用化に向けた取り組みを紹介する講演とキーホルダー作りを行う2部構成です。

 講演では、筑波大学から出村 幹英先生をお招きしてつくば市にある「藻類バイオマス・エネルギー大規模実証施設」で行っているボトリオコッカスの大量培養技術の確立に向けた研究などについてお話しいただきます。後半は、ビーズを使って藻類を模したキーホルダーづくりを楽しみます。

 藻類が秘める可能性とプロジェクトがひらく未来を一緒に考えましょう。

※ボトリオコッカス
湖沼などの淡水に生息し光合成により炭化水素(オイル)を作る微細な藻類です。ボトリオコッカスが産み出すオイル「ボトリオコッセン」は石油の代替燃料としての利用だけでなく、化粧品や医薬品としての利用も期待されています。
開催日
2015年2月1日(日)
開始時間
13:30~15:00
所要時間

約90分

対象

一般(小学校4年生以上が望ましい)
※未就学児や小学校低学年等の小さなお子様の参加をご希望される方は下記お問い合わせ先にご相談ください。

定員

30名(先着順)

場所

つくばエキスポセンター 第1休憩室

申込方法

HP専用申し込みフォームからの事前申し込み(12月26日(金)10時から受付開始)
※申し込みフォームは受付開始日時になりましたらこのページの下部に表示されます。

<お申し込み時のお願い>
・大変恐れ入りますが、お申し込みはお一人分ずつお願いいたします。ご面倒をおかけいたしますが、ご家族で参加される場合は人数分のお申し込みが必要になります。

・小学生の参加は、必ず保護者のご同伴をお願いいたします。また、この場合(お子様の同伴として一緒に参加し、キーホルダーづくりではお手伝いをされる)は、同伴される方のお申し込みは必要ありません。お席をご用意いたしますので申し込みフォームの「保護者人数」欄に同伴人数をご記入ください。

参加費

100円(ビーズ等材料費)

講師
所属:国立大学法人筑波大学 生命環境系 環境バイオマス共生学専攻 助教
氏名:出村 幹英(でむら みきひで)氏
<略歴>
平成20年(2008年)筑波大学大学院生命環境研究科修了、博士(理学)取得
平成20年(2008年)(独)国立環境研究所 生物圏環境研究領域高度技能専門員
平成23年(2011年)(独)国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター 特別研究員
平成25年(2013年)筑波大学 生命環境系 助教

<研究・業務内容>
 オイルをつくる「微細藻類」をどうすれば効率良く大量に増やすことができるかについて研究しています。
 微細藻類を育てることは、野菜やお米を育てることと似ています。
 微細藻類も光と二酸化炭素を使って光合成で増え、窒素やリンなどの栄養も必要です。水の中で成長するため、どのような形の容器を使えば光が均一に当たるのか、加える栄養の量はどうしたらいいのか、フラスコから数千Lのスケールで研究しています。
問い合わせ

つくばエキスポセンター 小林
TEL:029-858-1100
e-mail:0201event@expocenter.or.jp

<年末年始の営業について>
12月28日(日)まで営業
12月29日(月)~平成27年1月3日(土)まで年末年始休館※
新年(平成27年)は、1月4日(日)から営業開始
※年末年始休館中は、頂いたお問い合わせへの対応ができません。お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞよろしくお願いいたします。

電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。