見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME > イベント > 講演・講座・ワークショップ > 人の心をいやす花、花が人の心に与える効果とその利用

人の心をいやす花、花が人の心に与える効果とその利用

フラワーアレンジメントキット完成見本
※イベントで使用する花材とは異なります
内容
花を観ると気分が落ち着いたり、癒されたり、そんな経験をしたことはありませんか?
また、空間的なバランスに気を配りながら、決められた順に花を挿していくフラワーアレンジメントには、空間認識能力や記憶力を向上させる効果があると考えられています。

花き研究所は、花が人に与える効果の検証と利用法の開発を進めていて、その研究の成果として、初心者や障害のある人でも気軽にフラワーアレンジメントが楽しめる技術を開発しました。

本講演では、望月寛子先生(花き研究所 花き研究領域 主任研究員)をお招きし、花が人の心に与える影響や花と人の関わりに関する研究活動についてご紹介するとともに、キットを使ったフラワーアレンジメントの制作体験を行います。

花を「科学的」に見つめながら、一緒にフラワーアレンジメントを楽しみましょう。

※このイベントは、「国によって設立された日本で唯一の花の研究機関『花き研究所』」展示の関連行事です。展示もぜひご覧ください。
開催日
2013年5月19日(日)
開始時間
13:00~14:30
所要時間

約90分

対象

小学生以上~一般
※小学校低学年は、保護者の同伴が必要です
※大人の方だけのご参加も大歓迎です

定員

25名

場所

第3休憩室(1階)

申込方法

要事前予約
4月5日(金)10時からHPの専用申込フォームで受付を開始します。
先着順。定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

参加費

1500円(フラワーアレンジメントキット代)

講師
所属:独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所 花き研究領域 主任研究員
氏名:望月 寛子(もちづき ひろこ)氏
・略歴
静岡県出身。東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系で神経心理学を専攻し、博士号を取得。その後、学術振興会特別研究員として昭和大学医学部神経内科に在籍し、神経科学分野の研究を始める。平成18年より現職。

・研究内容
大学院では、アルツハイマー病やパーキンソン病患者に生じる記憶障害の臨床研究を行っていた。その後は神経科学分野に研究の場を移し、学習に伴って変化する脳の活動パターンをfMRI(機能的核磁気共鳴画像法)を用いて検証していた。現職に移動後は「花と人とのかかわり」を研究テーマにしている。農作物を通した認知リハビリテーション手法の開発や、花が人間に与える影響を認知神経科学の視点から解明することが目標である。
講師
所属:有限会社プアラニリミテッドカンパニー
氏名:串田 里早(くしだ りさ)氏
・事業内容
ウェディングおよび各種イベント装花。フラワーギフト、フラワーアレンジスクール。
花き研究所、望月先生のご指導のもと社会福祉施設、学校、被災地、地域イベント等で行うアレンジメントキットの販売及びサポートを行っている。

※フラワーアレンジメントキットの制作指導をしていただきます
問い合わせ

TEL:029-858-1100(代) つくばエキスポセンター 小林

このイベントの応募期間は終了しています。
電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。
空席情報
イベントカレンダー
2016年5月 前の月へ現在の月次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

・・・休館日

※月・日をクリックしていただくとイベントの一覧がご覧いただけます。

開館情報

■開館時間
9:50~17:00(入館は16:30まで)

※12・1月の平日のみ16:30閉館
(入館は16:00まで)

■今月の休館日
9日,16日,23日,30日,31日

※原則毎週月曜日・月末最終火曜日・年末年始・臨時休館あり

世界最大級のプラネタリウム臨場感あふれる満天の星々を・・・
つくば今がわかるウィークリーつくばサイエンスニュース
財団法人つくば科学万博記念財団
モバイルサイト紹介
つくばエキスポセンター友達に教える