見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME > 展示ガイド > おもしろサイエンスゾーン

おもしろサイエンスゾーン

体を使って光や電気、力など科学のおもしろさを体験できる展示物を始め、ロボットや電気自動車の技術を紹介しています。

展示場風景

おもしろサイエンスゾーン

科学遊園

科学遊園
科学遊園

風の力に負けないようにうまくバランスをとる「風に負けるな」や、ランニングボードの上を走って電気を起こし形状記憶合金の花を咲かせる「花を咲かせよう」など体を使って色々な力を体感する展示です

エア・バズーカ

エア・バズーカ
エア・バズーカ

空気を弾丸のような勢いで発射するエア・バズーカ。うちわなどと違い、エア・バズーカの空気はすごい速さで遠くまで飛んでいきます。うちわとエア・バズーカの違いは何なのでしょうか?エア・バズーカから発射された空気はどのようにして空気中を進むのでしょうか?
発射口の形をいろいろ変えられるので、エア・バズーカから発射された空気の弾を観察してみましょう!

高性能電気自動車「KAZ」

KAZ
高性能電気自動車

KAZ(カズ:Keio Advanced Zero-Emission vehicle)は、2001年に慶応義塾大学を中心に開発された電気自動車です。
車社会の現代において電気自動車は環境への負荷を軽減する手法の一つです。KAZは環境にやさしいことはもちろん、ガソリンエンジンやディーゼルエンジン自動車を上回る性能を備える車としてゼロから開発されました。
その結果、これまで電気自動車の弱点とされていた航続距離の短さを克服(航続距離300km)するとともに、加速力(0-400m加速14.5秒)や最高速度(300km/h)といった走行性能でもガソリンエンジン自動車に優るものになりました。
KAZはジュネーブ国際モーターショー2001、東京モーターショー、デトロイトモーターショーなどに出展され、また、東京クリエイション大賞・創造賞を受賞するなど話題になりました。