見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME > イベント > 講演・講座・ワークショップ

講演・講座・ワークショップ

おとなのためのサイエンス講座 第Ⅰ期(4月~7月)受講者募集開始!

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年4月5日(金)~7月10日(水)
開催時間
内容 今期の主な講座分野は「実験・環境・生活」です。
もう一度サイエンスを学んでみませんか。
各講座の「詳細」からお申込ください。

〈4月開講の講座〉

実験『身近な科学・実験』詳細はこちら
4/5(金)、4/12(金)、4/19(金)、4/26(金)

〈5月開講の講座〉
環境『筑波山地域ジオパークがわかるツアー(北部版)』詳細はこちら
5/17(金)

環境『一捻り!ジオパークの地質学』詳細はこちら
5/24(金)、5/31(金)、6/7(金)、6/14(金)

〈6月開講の講座〉
生活『元素講話ー今年は国際周期表年ー』詳細はこちら
6/19(水)、6/26(水)、7/3(水)、7/10(水)

参加費
(入館料以外)

おとなのためのサイエンス講座『元素講話ー今年は国際周期表年ー』

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年6月19日(水)
開催時間 13:30~15:15
内容 第1回 元素発見の歴史とメンデレーエフの周期表 
6月19日(水)  13:30~15:15
人類が最初に発見し、利用した元素は炭素、金、銀、銅、スズ、鉛、鉄などであり、中世になると亜鉛、アンチモン、ヒ素等が発見された。その後近代科学の発展により、60種程度の元素の発見に至った。そして、1869年メンデレーエフは元素の性質を考慮し、画期的な周期表を発表したことを紹介する。

第2回 身近な商品に含まれる元素の調査    
6月26日(水)  13:30~15:15 
150年後の本年に至るまで、118種の元素の存在が確立した。私達の日常生活ではそれらの元素を組み合わせた商品があふれている。例えば、持参したペットボトルのラベルの栄養成分表示を眺めたり、持参の持ち物を調査してみると面白いことを述べる。

第3回 元素の性質と化合物      
7月3日(水)  13:30~15:15  
なぜ118の元素を周期的に並べることが出来るのかをボーアの原子模型に用いて説明する。さらに、元素単体での製品には限りがあるので、2種類以上の元素を組み合わせた化合物を日常生活に利用している例を取り上げる。
   
第4回 元素・化合物に関連した本センター内パネルの見学と本講義のまとめ  
7月10日(水) 13:30~15:15
内容:物質科学研究施設の紹介パネルから日本で実施されている研究実験の最前線を学んだ後に、本講義の内容をまとめる。  
参加費
(入館料以外)
1000円/回(入館料別途)

【6月】プログラミングワークショップ「自動運転で動く車のしくみ」

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年6月22日(土)
開催時間 10:00~16:00
内容 LEGO社のロボット「マインドストームEV3」を使って自動運転の車をプログラミングで再現します。

「カーブを曲がる」「信号を見る」「駐車する」など自動運転の動作をプログラミングし、実際に動かす体験を通して、論理的に物事を考える力を育てるとともに、自動運転技術とともに暮らす未来を考えます。

※途中お昼休憩がございます。お弁当持参でご参加ください。
参加費
(入館料以外)
無料(入館料は別途必要)

七夕講演会「最新の電波観測で宇宙のナゾをとく!」

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年7月7日(日)
開催時間 13:00~14:00
内容 2019年4月、世界ではじめてブラックホールの影を撮影できたと話題になりました。今年の七夕講演会では、電波を使った最新の望遠鏡でブラックホールなどを観測するとどのようなことが分かるのか、宇宙の誕生を調べる2人の研究者がわかりやすくお話しします。

小・中学生から大人まで、ご興味がある方はぜひ聴きにきてください!

<プログラムと講演者>(各30分ずつ)
講演①ブラックホールは見えるか?
講師:郡 和範氏(高エネルギー加速器研究機構 ・総合研究大学院大学 准教授)
講演②ビックバンの前は見えるか?
講師:田邉 大樹氏(総合研究大学院大学 博士課程)

※このイベントは全国同時七夕講演会2019の一つとして実施します。
参加費
(入館料以外)
無料(入館料は別途必要)

DNAはからだをつくる設計図‐DNAをとりだしてみよう!

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年7月28日(日)、9月1日(日)
開催時間 10:30~12:00、13:30~15:00
内容 DNA鑑定ってよく聞くけどDNAってなに?
簡単な実験と工作でからだの設計図である「DNA」のことをもっとよく知ろう!

<実験>
身近な野菜からDNAを取り出してみよう。

<工作>
DNAの特徴的な形である「二重らせん」を模したストラップをつくろう。


本イベントは、7/20(土)から開催する企画展「科学捜査展―科学の力で真実を解き明かせ!―」の関連イベントです。
企画展とあわせてお楽しみください。
参加費
(入館料以外)
400円(材料費として)

【7月】プログラミングワークショップ「自動運転で動く車のしくみ」

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年7月29日(月)
開催時間 10:00~16:00
内容 LEGO社のロボット「マインドストームEV3」を使って自動運転の車をプログラミングで再現します。

「カーブを曲がる」「信号を見る」「駐車する」など自動運転の動作をプログラミングし、実際に動かす体験を通して、論理的に物事を考える力を育てるとともに、自動運転技術とともに暮らす未来を考えます。

※途中お昼休憩がございます。お弁当持参でご参加ください。
参加費
(入館料以外)
無料(入館料は別途必要)

夏休み工作教室 きれいに光らせよう「アクリルライト工作」

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年8月4日(日)
開催時間 13:30~15:30
内容 透明なアクリル板を削って、削った部分か光るオリジナルのライトを作ります。
自分の好きな絵を描いて、部屋で光らせよう!

【前半】ライトスタンド作り
アクリル板を光らせるためのライトスタンドを作ります。
はんだごてやグルーガンを使ってLEDや電池ボックス、スイッチなどを配線します。
LEDは白・青・緑・赤の4色から選べます。

【後半】アクリル加工
アクリル板をニードルやミニルーターで削って好きな絵を描きます。
好きなキャラクターや自分の描いた絵など、各自で下絵をご用意ください。
下絵の大きさは最大で、たて12cm×よこ18cmです。

※注意
汚れてもいい服装でご参加ください。
はんだごてやグルーガンは大変熱くなりますのでご注意ください。
参加費
(入館料以外)
1,000円(入館料別途)
電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。