見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME > イベント > 講演・講座・ワークショップ

講演・講座・ワークショップ

第35回ミーツ・ザ・サイエンス 『ニホニウム』

イベント詳細はこちら
開催期間 2017年3月26日(日)
開催時間 13:00~14:00
内容 第35回ミーツ・ザ・サイエンス
新元素正式決定記念
『ニホニウム~宇宙の元素誕生から113番元素合成まで~』

日本初、アジア初の新元素「ニホニウム」。新元素の発見に携わった(113番実験に参加(共著者))、
日本原子力研究開発機構の小浦寛之氏をお招きし、宇宙の歴史と元素の誕生、人工元素、新元素
合成の秘話まで、3D動画を見ながらお話いただきます。

当日は、ニホニウムの元素検出器GARIS(ガリス)のふるさと、愛媛県とオンライン同時中継を
行います。

【プレゼント】
理化学研究所 仁科加速器研究センターオリジナルグッズ(非売品)
原子核の世界地図『核図表』ポスターや新元素合成漫画など、
参加者全員にプレゼントがあります。

↓↓一番下の申込フォームから、お申し込みください。↓↓
参加費
(入館料以外)
無料

おとなのためのサイエンス講座『元素講話』

イベント詳細はこちら
開催期間 2017年3月29日(水)
開催時間 13:30~15:30
内容 おとなが気軽にサイエンスについて学び、関心を深めることができる講座です。

今回の『元素講話』は、講座内でステップ2から3へ学習を進めます。

ステップ2の「おもしろいサイエンス」体験+理論を学習
ステップ3の「わかるサイエンス」理論を学習

全4回の講座を行います。


第1回 『元素講話① ~元素発見の歴史と元素周期表(ステップ2)~』 3月29日(水)13:30~15:30
 人類は紀元前5万年から石の利用を始めて以来、現在まで118個の元素の発見の歴史を辿る。
 メンデレーエフによる最初の周期表の紹介と現在の元素周期表の見方や
 宇宙、地球、人体はどのような元素で構成されているのかを学ぶ。


第2回 『元素講話② ~身近な商品の含有元素(ステップ2)~』 4月19日(水)13:30~15:30
 元素と原子の違い。生物に必要な34種類の必須元素の特徴とその効能。
 身近な商品(ペットボトル飲料、食品乾燥剤、携帯保温剤等)の含有元素について。

    
第3回 『元素講話③ ~元素の性質と化合物の関連(ステップ2)~』 4月26日(水) 13:30~15:30
 元素周期表の横軸(1族~18族)と縦軸(1周期~7周期)の定性的な意味や
 多くの物質は2つ以上の元素を含む化合物から構成されていることを学び、
 生活に密着した物質を構成元素から覗いてみる。


第4回 『元素講話④ ~見えない元素の本質(ステップ3)~』 5月10日(水)13:30~15:30
 原子を構成する電子は粒子と波の二重性を有する。
 近代科学の手法から元素周期表の族と周期の意味を定量的に知る。
 最後に、4回の本講義を通じて、生活に密着した物質の本質をつきとめたことを確認する。
参加費
(入館料以外)
1000円(内容により別途材料費がかかる場合があります)/回 (別途入館料)

オリジナル番組関連講演会「よくわかる!太陽系最新ニュース」

イベント詳細はこちら
開催期間 2017年4月16日(日)
開催時間 14:00~15:00
内容 プラネタリウムオリジナル番組「わくわく惑星ツアー~太陽系最前線~」の監修をしていただいた、関根康人先生による講演会です。

宇宙にはどんな惑星があるの?
地球に似た星もあるのかな?
――そんな疑問に答えるべく、探査機は太陽系の惑星たちを調査してきました。
昔、地球に似た海があった火星、氷のかたまりのような木星や土星の月にも広大な海があるらしいのです。
今回は、そのような太陽系の探査でわかった最新ニュースについて、探査機がとらえた画像と共にわかりやすく解説します。

当日4/16(日)は13:00~13:40上映のオリジナル番組「わくわく惑星ツアー~太陽系最前線~」で関根先生からご挨拶をいただきます。
プラネタリウム券をお求めの上、こちらもぜひご鑑賞ください。
参加費
(入館料以外)
無料(入館料は別途必要)

科学入門講座「水ロケット」

イベント詳細はこちら
開催期間 2017年4月23日(日)
開催時間 13:00~16:00
内容 「水ロケット」とは、ペットボトルに入れた水を圧縮した空気で、噴射させ、その反動(反作用)で飛ぶロケットです。工作した「水ロケット」を発射させる体験も出来ます。

ものづくりの楽しさや飛ぶ仕組みを学び、オリジナルの水ロケットを飛ばしてみましょう。
参加費
(入館料以外)
100円

おとなのためのサイエンス講座『ジオパーク地質学』

イベント詳細はこちら
開催期間 2017年5月12日(金)
開催時間 13:30~15:30
内容 おとなが気軽にサイエンスについて学び関心を深めることができる講座です。

ステップ2の「おもしろいサイエンス」体験+理論を学習できます。
テーマは「ジオパークの地質学」全4回の講座を行います。

第1回  『実感!岩石サイクル』  5月12日(金) 13:30~15:30
   標本に触れながら、火成岩(火山岩・深成岩)、堆積岩、変成岩を岩石サイクル
   の視点で説明します。
   【岩石は筑波・鶏足山塊ゾーン、そして桜川河原で見られます】

第2回  『地震が地層をつくる』  5月19日(金) 13:30~15:30
   きれいな縞模様をつくる地層は、一般に水中で分級(堆積粒子が大きさごとに分かれる)
   された結果と言われています。このような過程のきっかけは地震がつくりました。
   地層がつくる不思議な姿を沈降実験をして説明します。【岩石は筑波山塊で見られます】

第3回  『砂鉄の利用』      5月26日(金) 13:30~15:30
  砂鉄遊びをしたことはありませんか。砂鉄はどこから来たのでしょうか。どこにあるのでしょうか。
  そして昔の人はどのように砂鉄を利用したでしょうか。砂鉄から鉄を作ります。  
  【霞ヶ浦湖岸で見られます】

第4回  『生物岩と人間の関わり』  6月2日(金) 13:30~15:30
  生物岩とは石灰岩や放散虫岩(チャート)のことを意味します。私たち人類は、これらの
  岩石を様々な用途で利用してきました。これらの岩石との関わりについて、セメントを
  作りながら説明します。【石灰岩は鶏足山地で見られます】
参加費
(入館料以外)
1000円(別途材料費がかかる場合があります)/回 (別途入館料)

おとなのためのサイエンス講座『数とプログラミング』

イベント詳細はこちら
開催期間 2017年6月7日(水)
開催時間 13:30~15:30
内容 おとなが気軽にサイエンスを楽しめる講座です。

ステップ1は、「たのしいサイエンス」楽しさ体験中心です。
4回の講座を行います。

第1回 『楽しい数学』  6月7日(水)13:30~15:30
●数学映画の楽しみ方 ●円周率を 100 万桁計算、●惑星探査に必要なπの桁数は?
●ネイピア数 e は自然でない自然数●数学で一番美しいオイラーの公式 ●暦の中の魔方陣 ●数当てゲームと2進数●2進数で考えるメルセンヌ数と完全数●タングラムとヒルベルトの第 3 問題

第2回 『不思議な数学』  6月14日(水)13:30~15:30
●三角形のパラドックス●自然数の総和●フィボナッチ数列と黄金比●数には素数という魔物が棲んでいる ●エラトステネスの篩●素数と三角形、万華鏡素数●新しい数の世界 p-進数●原始棍と循環小数の秘密●美しい無理数の連分数●鏡映群、正多面体に隠れた不変量●シャボン膜と線織面、紅茶碗の中の特異点

第3回 『アルゴリズムと数学』  6月21日(水)13:30~15:30
●ユークリッド互除法と有理数の連分数、ビリアードの定理●オイラーのトーシェント関数
●ピザ切りと漸化式●小学生でも理解できるコラッツ予想問題●N 番目のフィボナッチ数列を計算●IQ228 の女性が解いたモンティホール問題●ババが 2 枚のババ抜き確率●置換群で解くルービックキューフ

第4回 『コンピュータと数学』  6月28日(水)13:30~15:30
●ネット社会を支える暗号システム●大きな数も怖くない(累乗の階乗)●コンピュータと演算誤差 ●パイこね変換の数値計算●1 次元ロジスティック写像(カオス)の数値計算●数学問題をプログラムで解く ●モンスターとムーンシャイン●木を見て森を知る●ビッグデータ●天文物理問題をスマートフォンで計算
参加費
(入館料以外)
1000円+実費/回 (別途入館料)
電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。
イベントカレンダー
2017年3月 前の月へ現在の月次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

・・・休館日

※月・日をクリックしていただくとイベントの一覧がご覧いただけます。

開館情報

■開館時間
9:50~17:00(入館は16:30まで)

■今月の休館日
6日,7日,13日,21日

※原則毎週月曜日・月末最終火曜日・年末年始・臨時休館あり

世界最大級のプラネタリウム臨場感あふれる満天の星々を・・・
財団法人つくば科学万博記念財団
モバイルサイト紹介
つくばエキスポセンター友達に教える