見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME > イベント > 講演・講座・ワークショップ

講演・講座・ワークショップ

おとなのためのサイエンス講座 第Ⅰ期(4月~7月)受講者募集開始!

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年4月5日(金)~7月10日(水)
開催時間
内容 今期の主な講座分野は「実験・環境・生活」です。
もう一度サイエンスを学んでみませんか。
各講座の「詳細」からお申込ください。

〈4月開講の講座〉

実験『身近な科学・実験』詳細はこちら
4/5(金)、4/12(金)、4/19(金)、4/26(金)

〈5月開講の講座〉
環境『筑波山地域ジオパークがわかるツアー(北部版)』詳細はこちら
5/17(金)

環境『一捻り!ジオパークの地質学』詳細はこちら
5/24(金)、5/31(金)、6/7(金)、6/14(金)

〈6月開講の講座〉
生活『元素講話ー今年は国際周期表年ー』詳細はこちら
6/19(水)、6/26(水)、7/3(水)、7/10(水)

参加費
(入館料以外)

おとなのためのサイエンス講座『身近な科学・実験』

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年4月5日(金)
開催時間 13:30~15:30
内容 第1回 どうして化石はできるの?化石レプリカづくりでためしてジッケン! 
4月5日(金)  13:30~15:30
地球の地質時代46億年の歴史をたどりながら、現在見られる化石の秘密を探ります。特に茨城県南地域に見られる動物化石を観察しながら、石膏を使った化石レプリカづくりにも挑戦していただきます。

第2回 液状化ってなに?自作液状化装置でためしてジッケン!    
4月12日(金)  13:30~15:30 
大きな地震災害などで被害が報告されている液状化現象。その発生のメカニズムを科学的に解明するとともに、土地の液状化現象発生装置を自作し、一緒に災害対策についても検討していきます。

第3回 どこまで冷やせる?超低温の世界をためしてジッケン!      
4月19日(金)  13:30~15:30  
バナナで釘を打ったことがありますか? コンニャクや豆腐を超低温で冷やしたらどうなりますか?そんなことを身近な材料で真面目に実験します。一緒に-50℃の世界を覗いてみましょう。
   
第4回 クマムシってなにもの?ミクロの世界をためしてジッケン!  
4月26日(金) 13:30~15:30
地上最強の生き物と言われているクマムシ。どこにでもいると言われているクマムシ。だけど、誰も見たことのないクマムシ。一緒に探してみませんか? 併せて、顕微鏡を使い動物プランクトンや植物プランクトンの観察も行います。
参加費
(入館料以外)
1000円/回(入館料別途)

ジュニアサイエンス講座「踊り子モーター工作」

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年4月20日(土)
開催時間 13:30~15:30
内容 磁石と電気が関係する「踊り子モーター」の工作をします。また、磁石の性質を知る体験や、磁石のゲームを楽しみましょう。
参加費
(入館料以外)
300円(入館料は別途必要)

【4月】プログラミングワークショップ「自動運転で動く車のしくみ」

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年4月21日(日)
開催時間 10:00~16:00
内容 LEGO社のロボット「マインドストームEV3」を使って自動運転の車をプログラミングで再現します。

「カーブを曲がる」「信号を見る」「駐車する」など自動運転の動作をプログラミングし、実際に動かす体験を通して、論理的に物事を考える力を育てるとともに、自動運転技術とともに暮らす未来を考えます。

※途中お昼休憩がございます。お弁当持参でご参加ください。
参加費
(入館料以外)
無料(入館料は別途必要)

おとなのためのサイエンス講座『筑波山地域ジオパークがわかるツアー(北部版)』

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年5月17日(金)
開催時間 9:00~17:00
内容 『筑波山地域ジオパークがわかるツアー(北部版)』は、4回分の講座を1日で行います。

日時:5月17日(金) 8:30集合 9:00~17:00

バスツアー第2弾!!専門家が1日中解説してくれます。
桜川市から笠間市にかけての魅力的な地学のサイトを案内します。

《予定コース》
エキスポセンター→大黒石→笠間焼協同組合→笠間工芸の丘(昼食)→石の百年館→稲田石切山脈
→真壁石材協同組合→エキスポセンター
参加費
(入館料以外)
6000円(受講料、バス・保険・お弁当代込み)

【5月】プログラミングワークショップ「自動運転で動く車のしくみ」

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年5月19日(日)
開催時間 10:00~16:00
内容 LEGO社のロボット「マインドストームEV3」を使って自動運転の車をプログラミングで再現します。

「カーブを曲がる」「信号を見る」「駐車する」など自動運転の動作をプログラミングし、実際に動かす体験を通して、論理的に物事を考える力を育てるとともに、自動運転技術とともに暮らす未来を考えます。

※途中お昼休憩がございます。お弁当持参でご参加ください。
参加費
(入館料以外)
無料(入館料は別途必要)

おとなのためのサイエンス講座『一捻り!ジオパークの地質学』

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年5月24日(金)
開催時間 13:30~15:00
内容 第1回 風景学でみるジオパーク 
5月24日(金)  13:30~15:00
風景の成因を地質学的に解説する。
堆積岩に関わる実験(石灰岩の世界;カルスト、チャートの硬さ;火打石)を行う。

第2回 日本列島地質史をまなぶジオパーク    
5月31日(金)  13:30~15:00 
44か所の日本のジオパークから日本列島地質史を解説する。
火成岩に関わる実験(火成岩と深成岩)を行う。

第3回 小説にみる筑波山地域ジオパーク      
6月7日(金)  13:30~15:00  
「爆裂弾‐小説加波山事件(西野辰吉著)」や「平の将門(吉川英治著)」などの小説の舞台となった筑波山地域ジオパークについて解説する。
変成岩に関わる実験(粘土実験)や岩石サイクル(岩石観察)を行う。
   
第4回 巨石文化と筑波山地域ジオパーク  
6月14日(金) 13:30~15:00
加波山の登山道にみられる巨石群について解説する。
花崗岩の風化実験を行う。
参加費
(入館料以外)
1000円/回(入館料別途)

アニメ絵本をつくろう(6/1開催)

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年6月1日(土)
開催時間 10:30~11:30、13:30~14:30
内容 絵が動いて見えるアニメ絵本を作ろう!
アニメーションのしくみも分かるよ。

※この講座は4/13(土)に開催する「アニメ絵本をつくろう」と同じ内容です。
参加費
(入館料以外)
300円(入館料は別途必要)

おとなのためのサイエンス講座『元素講話ー今年は国際周期表年ー』

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年6月19日(水)
開催時間 13:30~15:15
内容 第1回 元素発見の歴史とメンデレーエフの周期表 
6月19日(水)  13:30~15:15
人類が最初に発見し、利用した元素は炭素、金、銀、銅、スズ、鉛、鉄などであり、中世になると亜鉛、アンチモン、ヒ素等が発見された。その後近代科学の発展により、60種程度の元素の発見に至った。そして、1869年メンデレーエフは元素の性質を考慮し、画期的な周期表を発表したことを紹介する。

第2回 身近な商品に含まれる元素の調査    
6月26日(水)  13:30~15:15 
150年後の本年に至るまで、118種の元素の存在が確立した。私達の日常生活ではそれらの元素を組み合わせた商品があふれている。例えば、持参したペットボトルのラベルの栄養成分表示を眺めたり、持参の持ち物を調査してみると面白いことを述べる。

第3回 元素の性質と化合物      
7月3日(水)  13:30~15:15  
なぜ118の元素を周期的に並べることが出来るのかをボーアの原子模型に用いて説明する。さらに、元素単体での製品には限りがあるので、2種類以上の元素を組み合わせた化合物を日常生活に利用している例を取り上げる。
   
第4回 元素・化合物に関連した本センター内パネルの見学と本講義のまとめ  
7月10日(水) 13:30~15:15
内容:物質科学研究施設の紹介パネルから日本で実施されている研究実験の最前線を学んだ後に、本講義の内容をまとめる。  
参加費
(入館料以外)
1000円/回(入館料別途)
電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。