見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME >  イベント  > 2018年11月のイベント

2018年11月のイベント一覧

サイエンスショー(11月)七色だけが光じゃない「見えない光」

イベント詳細はこちら
開催日 2018年11月3日(土)、11月4日(日)、11月17日(土)、11月18日(日)
開催時間 11:00~11:20、13:30~13:50、15:00~15:20※11/17(土)は11:00~11:20、15:00~15:20の回のみ実施
内容 日焼けの元になる紫外線、携帯電話の電波なども、実は光のなかまです。
見えない光の性質について、実験で見てみましょう。
参加費
(入館料以外)
無料(入館料は別途必要)

科学教室(11月)キラキラときめく「虹色万華鏡」

イベント詳細はこちら
開催日 2018年11月10日(土)、11月11日(日)、11月23日(金)、11月24日(土)、11月25日(日)
開催時間 13:00~16:30
内容 光の中には、いろんな色の光がまざっています。光が七色に分かれて見える分光フィルムを使って万華鏡を作り、光の不思議を感じてみましょう。
参加費
(入館料以外)
100円(入館料は別途必要)

おとなのためのサイエンス講座『宇宙開発の現在・過去・未来』

イベント詳細はこちら
開催日 2018年11月14日(水)
開催時間 15:00~17:00
内容 第1回  宇宙開発の現在    11月14日(水) 15:00~17:00
今の宇宙開発の状況。世界の中で、アメリカやロシア、欧州を初め中国・インドで行われる宇宙開発。
その中で、日本のJAXAの置かれている状況と、特に筑波宇宙センターの役割について。

第2回  筑波宇宙センター見学 11月16日(金)  15:00~17:00
(※現地集合、現地解散となります)
JAXAが研究、開発を行ってきた人工衛星の試験モデル、ロケットの実機、国際宇宙ステーション
日本実験棟「きぼう」のモデルなどご覧いただき、本物の宇宙開発を体感いただきます。

第3回  宇宙開発の過去・歴史 11月21日(水)  15:00~17:00 
宇宙開発は、どういう経緯で生まれたのか?意外なことにSF冒険小説がスタートになった?
理論が先に生まれ、機械が後から生まれるという発見・発明の歴史について。

第4回  宇宙開発の未来    11月28日(水)  15:00~17:00
宇宙開発は、アメリカや旧ソ連と言った大国だけのものではない。
多くの国やベンチャー企業が参入し、より多くの人が参加できる宇宙開発の未来が近づいている!
参加費
(入館料以外)
1000円/回(入館料別途)

天体観望会(11月17日)「しし座流星群」

イベント詳細はこちら
開催日 2018年11月17日(土)
開催時間 18:30~20:30
内容 夜空に輝く星の見つけ方をプラネタリウムでご紹介してから屋外で望遠鏡を使った天体観望会を開催いたします。
11月のテーマは「しし座流星群」です。
秋の代表的な星の並びである秋の四辺形やアンドロメダ銀河などを探してみましょう。
また、当日観測予定の天体は、ペガススの四辺形やアンドロメダ銀河などです。

※天候不良の場合は、プラネタリウムで解説後、星座早見盤もしくは惑星儀の工作教室を行います。
参加費
(入館料以外)
500円(3歳以下無料) 年間パスポートはご利用できません。

プログラミングワークショップ「自動運転で動く車のしくみ」

イベント詳細はこちら
開催日 2018年11月23日(金)
開催時間 10:00~16:30
内容 LEGO社のロボット「マインドストームEV3」を使って自動運転の車をプログラミングで再現します。

「カーブを曲がる」「信号を見る」「駐車する」など自動運転の動作をプログラミングし、実際に動かす体験を通して、論理的に物事を考える力を育てるとともに、自動運転技術とともに暮らす未来を考えます。

年間パスポートをお持ちの方向けに先行予約を行います。定員12名(先行予約6名、通常予約6名)
お申し込みの詳細は、下の申込方法をご覧ください。

※途中お昼休憩がございます。お弁当持参でご参加ください。

関連イベントとして、協賛企業であるビー・エム・ダブリュー株式会社にご協力いただき、自動運転車の試乗体験を行います。ワークショップ参加者の皆様には、こちらの試乗体験にもご参加いただきます。
※詳細はこちら
参加費
(入館料以外)
無料(入館料は別途必要)

自動運転レベル2車両 同乗体験

イベント詳細はこちら
開催日 2018年11月23日(金)
開催時間 10:30~11:30、11:30~12:30、13:30~14:30、14:30~15:30
内容 自動運転はどこまで実現しているの?自動運転のレベルってなんだろう?
プログラミングワークショップ「自動運転で動く車のしくみ」の関連イベントとして、ビー・エム・ダブリュー株式会社に協力いただき、自動運転レベル2の車両の同乗体験とデモンストレーションを行います。
現在どこまで自動運転が実現しているのか、自動運転車はどのように周りを認識しているのか、クイズ形式でわかりやすくご紹介します。

1.デモンストレーション
 (1) 自動運転車の『目』であるセンサーやカメラはどこにあるか調べます。
 (2) 車外からリモコンで駐車『リモート・コントロール・パーキング』を体験します。
 (3) 自動駐車『パーキング・アシスト・プラス』を体験します。
 所要時間:30分
 定員  :各回3組(1組3~4名)
 申込  :当日参加可(当日整理券配布)
 参加費 :無料(来館者以外の方もご参加いただけます)
 対象  :小学生以上(小学生は保護者同伴)
 ①10:30~11:00
 ②11:10~11:40
 ③11:50~12:20
 ④14:10~14:40
 ⑤14:50~15:20
 ※デモンストレーションの見学は自由

2.試乗体験
 上記デモンストレーションの内容に加え、一般道で自動運転レベル2車両の同乗体験を行います。
 所要時間:60分
 定員  :各回1組(1組3~4名)
 申込  :事前申込(ページ下部の申込フォームよりお申込みください)
 参加費 :無料(入館料が別途必要)
 対象  :小学生以上(小学生は保護者同伴)
 ※都合によりデモンストレーションの内容が異なる場合があります。
 ①10:30~11:30
 ②11:30~12:30
 ③13:30~14:30
 ④14:30~15:30
参加費
(入館料以外)

Biviつくばでイベント!親子で科学実験工作 ⑦「くるくるアニメーション」

イベント詳細はこちら
開催日 2018年11月24日(土)
開催時間 11:00~12:30
内容 10月から2月の「親子で科学工作教室」 チラシ表面はこちら、 チラシ裏面はこちら

--------------------------------------------------------------------------------------------

親子で楽しめる科学実験工作教室です。
何が起こるか大人も子どももドキドキ☆ワクワク♪
こちらは「くるくるアニメーション」の詳細ページです。

「くるくるアニメーション」の内容~
授業中、ノートの端っこにパラパラ漫画を描いて叱られたお友達はいませんか?
そんなお友達には、この「くるくるアニメーション」がお奨めです。
映画やアニメーションの原理を学びながら、楽しく工作しましょう。
(工作品は持ち帰れます)
参加費
(入館料以外)
無料

特別上映会&講演会 「サイエンスレクチャー ~加速器で探る宇宙~」

イベント詳細はこちら
開催日 2018年11月24日(土)
開催時間 18:00~19:30
内容 プラネタリウム専用の映画「Phantom of the Universe -The Hunt for Dark Matter-」の上映に加え、史上最大、最高エネルギー実験であるATLAS実験を推進している国内研究者による講演会を行います。ビックバンから銀河の形成まで宇宙の歴史について、プラネタリウムの全天周映像を通してダークマターの正体を探る最新の研究結果をご紹介します。

※LHC(Large Hadron Collider:大型ハドロン衝突型加速器)は、CERN(欧州合同原子核研究機関)に建設された世界最高エネルギーの陽子・陽子衝突型加速器です。この実験は、大型の国際共同実験グループによって世界中から約40カ国、3000名の研究者が参加しています。

★17:30~ 受付

★18:00~ 開始
全天周映画上映(30分間)
プラネタリウム専用の映画「Phantom of the Universe -The Hunt for Dark Matter-」

スイス・ジュネーブ近郊の欧州原子核研究機構(CERN)にて、LHC加速器実験の一つであるATLAS実験を行っています。世界最高エネルギーで陽子と陽子を衝突させ、その時に生まれる新粒子の探索や素粒子の標準理論の精密検証を行っています。2012年には、素粒子の質量の起源と深い関係のあるヒッグス粒子を発見しました。2015年からは陽子衝突エネルギーをこれまでの約1.6倍に上げて、ヒッグス粒子の性質の解明やダークマターの解明など、さらなる未知粒子の発見を目指します。世界最先端の実験を幻想的な映像をご紹介します。

講演会その1 「宇宙を満たす謎の物質~暗黒物質~」
 講師:戸本 誠 氏(名古屋大学大学院理学研究科 准教授)

現在、私たち人類の知っている物質だけでは全宇宙の組成の5%程度しか説明できず、宇宙組成の約1/4は暗黒物質と呼ばれる謎の物質で占められていることがわかっています。 本講演では、暗黒物質の存在をどうやって突き止めたのか、その正体の候補がどのようなものなのかを解説します。

講演会その2 「暗黒物質の正体に迫る巨大加速器LHC」
 講師:花垣 和則 氏(KEK素粒子原子核研究所 教授)

欧州原子核研究機関(CERN)では、周長27kmにもおよぶ巨大加速器LHCが稼働中です。世界最高エネルギーで陽子と陽子を衝突させ、ヒッグス粒子の性質や暗黒物質の正体の解明を目指しています。本講演では、LHC実験の一つであるATLAS実験および日本グループの研究内容について説明します。

★19:30 終了予定
参加費
(入館料以外)
500円 ※年間パスポートはご利用できません。

ジュニアサイエンス講座「はじめてのラジオ工作教室」

イベント詳細はこちら
開催日 2018年11月25日(日)
開催時間 13:00~15:30
内容 はんだごてを使い、トランジスタラジオを作ってみましょう。
自分でラジオを作ることで、どんな仕組みになっているのか学ぶことができます。
参加費
(入館料以外)
1000円
電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。