見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME >  イベント  > 2019/3/31のイベント

2019/3/31のイベント一覧

サイエンスショー(3月)よく使うけど、そのしくみ知ってる?「電池」

イベント詳細はこちら
開催日 2019年3月2日(土)、3月3日(日)、3月16日(土)、3月17日(日)、3月23日(土)、3月24日(日)、3月30日(土)、3月31日(日)
開催時間 11:00~11:20、13:30~13:50、15:00~15:20
内容 私たちの生活にかかせない「電池」。電気エネルギーはどのようにしてできるのでしょうか?
身近にあるもので作った電池や、電池のしくみについて実験を通して紹介します。
参加費
(入館料以外)
無料(入館料は別途必要)

科学教室(3月)どこまで飛ぶかな?「風船ロケット」

イベント詳細はこちら
開催日 2019年3月9日(土)、3月10日(日)、3月21日(木)、3月23日(土)、3月24日(日)、3月30日(土)、3月31日(日)
開催時間 13:00~16:30
内容 風船のゴムの反発力を利用して飛ぶロケットを作ります。
参加費
(入館料以外)
100円(入館料は別途必要)

企画展「しかけがいっぱい!とびだす絵本」

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年3月21日(木)~6月9日(日)
開催時間 9:50~17:00(入場は16:30まで、4/27~5/6は9:30から)
内容 世界のとびだす絵本を多数展示します。
触ってめくれる絵本もいっぱい!
とびだす仕組みもよく分かります。
参加・体験できる企画展です。
みんなでとびだす絵本を楽しもう!

展示構成


とびだす絵本
とびだす絵本の名作がせいぞろい!
ページをめくって見てみよう。
とびだす様子はAR動画でチェック!(※1)
とびだすしかけも分かりやすく紹介するよ。
(※1)AR動画を見るにはスマートフォンなどに無料アプリのダウンロードが必要です。

とびだす図鑑
最新技術を使ったとびだす図鑑を紹介!
スマホやタブレットを図鑑にかざすと、生き物などが動く様子を3D ARで見られるよ。(※2)
大きさを変えたり、見る向きを変えたり、写真を撮ったりしてみよう!
(※2)3D ARを見るにはスマートフォンなどに無料アプリのダウンロードが必要です。

キッズコーナー
小さいおともだちが楽しめる、しかけ絵本のコーナーもあるよ。
遊びに来てね!

【企画展紹介映像】

動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。
参加費
(入館料以外)
無料(入館料は別途必要)

春休み科学教室 高さにオドロク!「スカイスクリュー」

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年3月23日(土)、3月24日(日)、3月30日(土)、3月31日(日)
開催時間 13:00~16:30
内容 ゴムの弾性とプロペラの回転を組み合わせて高く飛ぶ「スカイスクリュー」を作ろう!ゴムを巻く回数で、飛びかたが変わるか比べてみよう。
参加費
(入館料以外)
300円(入館料は別途必要)

ワークショップ「放射線を知ろう」

イベント詳細はこちら
開催期間 2019年3月31日(日)
開催時間 13:00~15:00
内容  放射線は目で見ることはできませんが、実は私たちの身の回りに存在しています。例えば、宇宙からの放射線(宇宙線)、岩石などに微量に含まれるウラン、大気に微量に含まれるラドンなどがあります。私たちはいつも自然界から放射線を浴びています。
 第1部では日本科学未来館が企画・制作したワークショップ「放射線」を行います。「霧箱」を作成し、放射線を目で見て観察します。さらにその場の空間線量を測定して私たちが自然放射線を浴びていることを確認します。放射線の基礎知識、人体への影響について学び、放射線との向き合い方を参加者とコミュニケーターが一緒に考えていくプログラムです。
 第2部では、第1部で放射線の基礎を学んだ上で、福島原発事故の環境への影響はどうだったのか、放射線の影響を受けた福島の最新情報について、国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 植頭康裕氏をお招きして講演していただきます。
 
参加費
(入館料以外)
無料
電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。