見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME >  イベント  > 2018/11/24のイベント

2018/11/24のイベント一覧

科学教室(11月)キラキラときめく「虹色万華鏡」

イベント詳細はこちら
開催日 2018年11月10日(土)、11月11日(日)、11月23日(金)、11月24日(土)、11月25日(日)
開催時間 13:00~16:30
内容 光の中には、いろんな色の光がまざっています。光が七色に分かれて見える分光フィルムを使って万華鏡を作り、光の不思議を感じてみましょう。
参加費
(入館料以外)
100円(入館料は別途必要)

おとなのためのサイエンス講座 第Ⅲ期(11月~3月)受講者募集

イベント詳細はこちら
開催期間 2018年11月14日(水)~2019年3月8日(金)
開催時間
内容 今期の主な講座分野は「宇宙・実験・生命・環境」です。
もう一度サイエンスを学んでみませんか。

〈11月開講の講座〉

宇宙『宇宙開発の現在・過去・未来』お申込はこちら
11/14(水)、11/16(金)、11/21(水)、11/28(水)

〈1月開講の講座〉
実験『色と光の科学』お申込はこちら
1/18(金)、1/25(金)、2/1(金)、2/8(金)

〈2月開講の講座〉
生命『自然界の微生物~分離と応用~』お申込はこちら
2/13(水)、2/20(水)、2/27(水)、3/6(水)、

環境・実験『実感!放射線 ~理論と測定~』お申込はこちら
2/15(金)、2/22(金)、3/1(金)、3/8(金)

参加費
(入館料以外)
1000円/回(入館料別途)

Biviつくばでイベント!親子で科学実験工作 ⑦「くるくるアニメーション」

イベント詳細はこちら
開催期間 2018年11月24日(土)
開催時間 11:00~12:30
内容 10月から2月の「親子で科学工作教室」 チラシ表面はこちら、 チラシ裏面はこちら

--------------------------------------------------------------------------------------------

親子で楽しめる科学実験工作教室です。
何が起こるか大人も子どももドキドキ☆ワクワク♪
こちらは「くるくるアニメーション」の詳細ページです。

「くるくるアニメーション」の内容~
授業中、ノートの端っこにパラパラ漫画を描いて叱られたお友達はいませんか?
そんなお友達には、この「くるくるアニメーション」がお奨めです。
映画やアニメーションの原理を学びながら、楽しく工作しましょう。
(工作品は持ち帰れます)
参加費
(入館料以外)
無料

特別上映会&講演会 「サイエンスレクチャー ~加速器で探る宇宙~」

イベント詳細はこちら
開催期間 2018年11月24日(土)
開催時間 18:00~19:30
内容 プラネタリウム専用の映画「Phantom of the Universe -The Hunt for Dark Matter-」の上映に加え、史上最大、最高エネルギー実験であるATLAS実験を推進している国内研究者による講演会を行います。ビックバンから銀河の形成まで宇宙の歴史について、プラネタリウムの全天周映像を通してダークマターの正体を探る最新の研究結果をご紹介します。

※LHC(Large Hadron Collider:大型ハドロン衝突型加速器)は、CERN(欧州合同原子核研究機関)に建設された世界最高エネルギーの陽子・陽子衝突型加速器です。この実験は、大型の国際共同実験グループによって世界中から約40カ国、3000名の研究者が参加しています。

★17:30~ 受付

★18:00~ 開始
全天周映画上映(30分間)
プラネタリウム専用の映画「Phantom of the Universe -The Hunt for Dark Matter-」

スイス・ジュネーブ近郊の欧州原子核研究機構(CERN)にて、LHC加速器実験の一つであるATLAS実験を行っています。世界最高エネルギーで陽子と陽子を衝突させ、その時に生まれる新粒子の探索や素粒子の標準理論の精密検証を行っています。2012年には、素粒子の質量の起源と深い関係のあるヒッグス粒子を発見しました。2015年からは陽子衝突エネルギーをこれまでの約1.6倍に上げて、ヒッグス粒子の性質の解明やダークマターの解明など、さらなる未知粒子の発見を目指します。世界最先端の実験を幻想的な映像をご紹介します。

講演会その1 「宇宙を満たす謎の物質~暗黒物質~」
 講師:戸本 誠 氏(名古屋大学大学院理学研究科 准教授)

現在、私たち人類の知っている物質だけでは全宇宙の組成の5%程度しか説明できず、宇宙組成の約1/4は暗黒物質と呼ばれる謎の物質で占められていることがわかっています。 本講演では、暗黒物質の存在をどうやって突き止めたのか、その正体の候補がどのようなものなのかを解説します。

講演会その2 「暗黒物質の正体に迫る巨大加速器LHC」
 講師:花垣 和則 氏(KEK素粒子原子核研究所 教授)

欧州原子核研究機関(CERN)では、周長27kmにもおよぶ巨大加速器LHCが稼働中です。世界最高エネルギーで陽子と陽子を衝突させ、ヒッグス粒子の性質や暗黒物質の正体の解明を目指しています。本講演では、LHC実験の一つであるATLAS実験および日本グループの研究内容について説明します。

★19:30 終了予定
参加費
(入館料以外)
500円 ※年間パスポートはご利用できません。
電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。