見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。

フォーマルハウト

消えた?!惑星

私たちの住む太陽系の外で、せっかく見つかった惑星が消えてしまったようです!


私たちの地球は、太陽の周りを回る惑星です。夜空の星たちの多くも、太陽と同じように周りには惑星が回っていると考えられています。

これまでいろいろな方法で太陽系外の惑星探しが行われてきましたが、中には直接撮影されたものもあります。世界で初めて撮影に成功したとされるのは、秋の空で明るく光るフォーマルハウトの周りを回る惑星でした。発表されたのは2008年のことです。ところが先月、そのフォーマルハウトの周りを回る惑星「フォーマルハウトb」が消えてしまった!というショッキングなニュースが発表されました。

これまでも、フォーマルハウトbが惑星かどうか疑わしいという研究はいくつかありました。今回は、ハッブル宇宙望遠鏡が2014年に撮影した写真にフォーマルハウトbが写っていなかったことが決め手になりました。さらに、それまでに撮影された写真を集めると、フォーマルハウトbは発見後にだんだんと暗くなっていたことも分かりました。

発表を行った研究者の考えでは、フォーマルハウトbは初めから惑星だったのではなく、氷でできた天体同士が衝突し、その時に広がったチリの雲がたまたま写ったものだったということです。チリの雲は、時間が経つにつれてだんだん広がり、そのうちに写真には写らなくなったと考えられます。

私も、フォーマルハウトbについてはプラネタリウムの解説などでよく紹介していましたので、今回ニュースを聞いて正直、「しまった…(うそを言ってしまった…)」と思いました。が、事実が変わってしまうのも、科学が日々進歩しているからこそです。ということで、これまで私の解説を聞いてくださったみなさまには、お許しいただきたいと思いますm(_ _)m



フォーマルハウトを回る小さな天体同士の衝突の想像図
(C) ESA, NASA, and M. Kornmesser

 

電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。
イベントカレンダー
2020年8月 前の月へ現在の月次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

・・・休館日

※月・日をクリックしていただくとイベントの一覧がご覧いただけます。

開館情報

■開館時間
9:50~17:00(入館は16:30まで)

■今月の休館日

世界最大級のプラネタリウム臨場感あふれる満天の星々を・・・
財団法人つくば科学万博記念財団
モバイルサイト紹介
つくばエキスポセンター友達に教える