見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME > つくばエキスポセンター > サイエンスメモ&エキスポ動画Collection > 見せるのが楽しい実験、選んでみました!

見せるのが楽しい実験、選んでみました!

つくばエキスポセンターでは、毎月第1・3・5週の土日祝日に、サイエンスショーを行っています。
2020年5月現在、サイエンスショーは全部で15種類あり、月ごとにテーマを変わります。もしかしたら、「15種類すべて見たことあるよ!」という方もいらっしゃるかもしれませんね(いつもお越しいただきありがとうございます!)。
今回は、サイエンスショーを行っている人の目線で、好きな実験を5つご紹介してみたいと思います。
(あくまでぼく個人の感想です。演示スタッフによって、好きな実験はちがうかもしれません。気になる人は、ほかのスタッフにも聞いてみてください!)


①気体をシャボン玉の中に入れてみよう!(「身近な気体」より)
気体の種類による性質の違いについて紹介するこのショーでは、いろいろな気体をとじこめたシャボン玉の落ちる速さを比べる実験があります。その中で、水素をとじこめたシャボン玉はとってもおもしろい動きをします。シャボン玉につられて、お客さんの目線が動くようすを見ると、びっくりしてもらえてよかった、と思います。


②竹とんぼ(「飛ぶ」より)
このショーでは、飛ぶおもちゃやロケットなど、いろいろなものを飛ばします。そんな中で竹とんぼは、高く飛ばないと面白さが伝わらないので、とてもドキドキしてしまう実験です。だからこそ、上手に飛ばせた時のうれしさも大きくなる、とってもやりがいがある実験ですね。


③超伝導体のマイスナー効果(「超低温の世界」より)
こちらは、液体窒素を使って、ものを冷やしたり凍らせたりする派手なショーです。中でも超伝導体という特別な物質は、冷やすと磁石から反発して、空中にふわふわ浮くという不思議な現象が起こります。この実験は、特にお客さんに驚いてもらえる実験です。



④人間電池(「電池」より)
電池の仕組みを実験で解き明かすこのショーでは、最後にお客さんに参加してもらって、スプーンとアルミホイルと人の体で電気を起こします。身近なものと人の体で電気ができるという意外性があって、盛り上がる実験ですね。とびきりのシャッターチャンスですので、お子さんが参加する際にはぜひ写真を撮ってあげてください。


⑤巨大空気砲(「空気砲」より) たくさんの空気砲が登場するこのショーには、1辺が150 cmくらいの箱でできた特大の空気砲も登場します。ショーのあと、お客さんと一緒にこの巨大空気砲を打つ体験があって、このときはたくさんのお客さんと一緒に実験できるので、とっても楽しい時間です。



みなさんが見たことがある実験はあったでしょうか?
もちろん、ほかにも面白い実験がたくさんあります。
今は臨時休館中ですが(2020年5月現在)、またつくばエキスポセンターに来ていただいた時には、みなさんの好きな実験も教えてくださいね。
それでは、またのご来館をお待ちしております。

 

電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。
イベントカレンダー
2020年5月 前の月へ現在の月次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

・・・休館日

※月・日をクリックしていただくとイベントの一覧がご覧いただけます。

開館情報

■開館時間
9:50~17:00(入館は16:30まで)

■今月の休館日
1日,2日,3日,4日,5日,6日,7日,8日,9日,10日,11日,12日,13日,14日,15日,16日,17日,18日,19日,20日,21日,22日,23日,24日,25日,26日,27日,28日,29日,30日,31日

世界最大級のプラネタリウム臨場感あふれる満天の星々を・・・
財団法人つくば科学万博記念財団
モバイルサイト紹介
つくばエキスポセンター友達に教える