見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME > 展示ガイド > サイエンスシティつくば再発見 > 安全・安心で持続可能な住宅・建築・都市の実現へ「独立行政法人建築研究所」

安全・安心で持続可能な住宅・建築・都市の実現へ「独立行政法人建築研究所」

独立行政法人建築研究所では、所内にある高度な実験施設を活用しながら、住宅や一般建築、都市の安全・安心の確保や省エネ性能の向上などにつながる研究開発に取り組むとともに、開発途上国からの研修生を受け入れ、世界の地震防災に貢献するための研修なども行っています。

私たちの暮らしにつながる建築研究所の取り組みについて紹介します。

建築研究所についてもっと詳しく知りたい方はこちら(建築研究所HPへ)

 

<関連イベントのご紹介>
展示期間中には地震や建物の緑化、住宅で使うエネルギーをテーマに以下のイベントを開催します。
ぜひご参加ください。

11月16日(土)13:00~14:00 ピンポン玉地震計を作ろう ※要事前申し込み
11月17日(日)13:00~13:45 ミニ講演「建物緑化の価値を考える」
11月23日(土)13:00~13:45 ミニ講演「住まいで使うエネルギーについて」

 

展示概要

中層・大規模木造建築物の設計・評価法の開発

<期間>
2013年9月7日(土)~11月24日(日)
※休館日を除く

<場所>
サイエンスシティ つくば再発見「研究機関等紹介コーナー」(1階)

<料金>
無料(ただし、入館料は別途必要)

展示内容の紹介

緑のカーテンによる室温低減効果及び心理的効果の研究

・建築研究所の紹介
・平成24年5月につくば市で発生した竜巻被害と竜巻発生装置を活用した研究
・省エネ住宅(LCCM住宅)※の研究(LCCM住宅模型の展示もあります)
・緑のカーテンによる室温低減効果の研究
・防犯性向上のためのまちづくり手法の開発~防犯まちづくりデザインガイド~
・木造3階建て学校の実物大火災実験(実験映像の展示もあります)

※LCCM住宅(LCCM:Life Cycle Carbon Minus)とは、住宅を建てるときから壊すときまでの長い間に排出される二酸化炭素より、住宅が作り出すエネルギーで減らした二酸化炭素が多くなる(住宅の建設・運用・解体・廃棄の一生涯で排出される二酸化炭素の収支がマイナスになる)住宅です。

 

イベントカレンダー
2017年3月 前の月へ現在の月次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

・・・休館日

※月・日をクリックしていただくとイベントの一覧がご覧いただけます。

開館情報

■開館時間
9:50~17:00(入館は16:30まで)

■今月の休館日
6日,7日,13日,21日

※原則毎週月曜日・月末最終火曜日・年末年始・臨時休館あり

世界最大級のプラネタリウム臨場感あふれる満天の星々を・・・
財団法人つくば科学万博記念財団
モバイルサイト紹介
つくばエキスポセンター友達に教える