イベントページ

おとなのためのサイエンス講座

おとなのためのサイエンス講座『生活の中の光合成』

内容

※「おとなのためのサイエンス講座」お申し込みご検討のお客様へ
 本イベントは開講予定で準備を進めておりますが、新型コロナウイルスへの対応に関する状況により、延期、もしくは中止となる可能性がございます。
 ご参加を楽しみにされているお客様には大変申し訳ございませんが、予めご理解・ご了承のほどお願い申し上げます。



第1回 イネとトウモロコシの違いを科学する(講義) 
8月3日(水)  13:00~
大気中二酸化炭素濃度の変動と光合成の進化について講義します。
    
第2回 顕微鏡で光合成の進化を観る(実験)     
8月3日(水)  ~17:00 
(1)C3植物(イネ)とC4植物(トウモロコシ)の葉の断面を顕微鏡で観察しその違いを観察します。
(2)葉の切片をアルコールで脱色し、ヨードデンプン反応でデンプンを染色します。
(3)デンプンを含む細胞の葉中での配置の違いを観察します。
(4)館外の植物を採取し、それがC3植物かC4植物かを判定します。

第3回 光合成による貯蔵物質を分析する(実験)      
8月10日(水)  13:00~  
実験1:デンプンの検出。
(1)炊飯したライス(うるち米、もち米)及びコーンを粒のまま、そして濾紙の上で潰した後、ヨウ素液で染色し、呈色の違いを比較します。
(2)ライス(うるち米、もち米)、コーンをよく口の中で噛んだ後、吐き出して、それをヨウ素液で染色し、色の違いを比較します。
(3)様々な産地のバナナの甘さとデンプン量の関係を調べます。
(4)なぜ材料の違いによって染色が異なるのか、なぜ口の中で噛むと染色の色調が変化するのか、バナナの甘さと呈色との関係などを科学的に考察します。
実験2:オイルの検出:ゴマを濾紙の上で潰して、それをナイルレッドで染色して、紫外線ランプもしくは青色LEDライトの下で観察します。
(注意:紫外線を扱う際に裸眼で直視すると、目の傷害を引き起こす可能性があります。)

第4回 光合成による貯蔵物質生産のしくみを知る(講義)      
8月10日(水)  ~17:00  
植物の光合成による貯蔵物質生産のしくみについて、それらの発見の歴史的経緯から最先端の科学的知見までを講義します。
その知見を基に第3回目の実験結果について科学的な考察を行います。


※ この講座は、4回分の講座を2日間で行います。

 

開催

2022年8月3日(水)

開催時間

13:00~17:00

所用時間

4時間

対象

科学技術に関心のある大人の方 ※原則、全4回の講座の受講が可能な方

定員

5名以上(最大12名)

場所

つくばエキスポセンター クラブルーム(2F)・第1休憩室(1F)
※ 実施場所につきましては、受講案内メールを送付する際にお知らせいたします。

申し込み方法

このページ下部に表示される申込フォームよりお申し込みください。
※ 全4回の講座申込になります。

参加費

1,000円/回(入館料別途)
実験材料費として初回のみ500円かかります。

講師

所属:筑波大学
氏名:白岩 善博(しらいわ よしひろ)
山形県寒河江高校、新潟大学、東京教育大学、東京大学で学び、微細藻類の光合成炭素代謝の研究で理学博士(東京大学)。ドイツ・アレキサンダー・フォン・フンボルト財団奨学研究員、日米科学技術協力事業研究員として海外研究を経験。 新潟大学助手、助教授、筑波大学教授を経て、現在、筑波大学名誉教授および国際誌Marine Biotechnology (Springer-Nature)副編集長。研究分野は植物代謝生理学・生化学・分子生物学で、微細藻類の環境応答、光合成炭素代謝の制御機構、オイル生産、バイオミネラリゼーション等を研究。マリンバイオテクノロジー学会賞受賞。趣味は寄席芸鑑賞。

お問い合わせ

つくばエキスポセンター 運営部 普及事業担当

TOP