イベントページ

おとなのためのサイエンス講座

[開催延期] おとなのためのサイエンス講座『日常生活に潜む自然現象』

内容

※ 本講座は開催を延期させていただきます。

第1回 身のまわりにあふれる波の紹介 
日常生活では波が満ち溢れています。例えば、音波、光、ラジオやテレビの電磁波、地上を揺らす地震波、海岸に打ち寄せる波、等です。これらは「波動」の観点から整理しますと多くの共通点を持っています。初回ではそれらの性質について定性的に触れてみます。
    
第2回 波の不思議な性質を知る     
波の基本的な性質を紹介したのちに、それぞれの性質;共鳴・共振、反射、屈折、透過、等についてより定量的に触れます。さらに、身近な音に関する話題についても取り上げます。

第3回 光とはなにか?
「光を知れば、科学がわかる!」と言われています。光(電磁波)には目で見える可視光線のほかに、目で見えないエックス線や赤外線、電波などがあります。今回はマクロな立場からその特徴を簡単な実験を通して学びます。

第4回 「日常生活に潜む自然現象」のまとめ  
「電子」が波であることをDVDにて紹介後、センター内で光と音に関連する展示物の見学をします。最後に、本授業で学んだ内容をまとめます。

開催

2020年6月5日(金)

講師

所属:筑波大学
氏名:大嶋 建一(おおしま けんいち)
筑波大学名誉教授(理学博士)。1946年群馬県生まれ。東北大学理学部卒業後、同大学理学研究科博士課程修了。その後、名古屋大学工学部助手を経て筑波大学物理工学系、物質工学系の教授。専門はX線・中性子線散乱法を用いた無機物質の結晶構造解析。定年退職後の2011年から2018年まで筑波大学教育社会連携室の特命教授として、中学生、高校生への科学の啓発活動。現在もシニア・プロフェッサーとしてその啓蒙活動を継続中。

備考

2018年4月に開講した講座と同じ内容です。

お問い合わせ

つくばエキスポセンター 運営部 普及事業担当

TOP