見て、触って、楽しく学ぶ科学技術をもっと身近に。
HOME >  イベント  > 2017/4/22のイベント

2017/4/22のイベント一覧

おとなのためのサイエンス講座 第Ⅰ期(3~6月)受講生募集

イベント詳細はこちら
開催期間 2017年3月3日(金)~6月28日(水)
開催時間 13:30~15:30
内容 大人の方が気軽にサイエンスについて学び・関心を深めることができる講座です。

ステップ1「たのしいサイエンス」・・・楽しさ体験中心
ステップ2「おもしろいサイエンス」・・・楽しさ体験+理論を学習
ステップ3「わかるサイエンス」・・・理論の追求

主な講座内容は「生命・宇宙・数学・生活・環境・実験」で、ステップに応じて講座を開講いたします。
もう一度サイエンスを学んでみませんか。


〈 第Ⅰ期(3~6月)の講座内容 〉
『楽しい科学実験 (ステップ1)』(全4回)
3/3(金)・3/17(金)・3/31(金)・4/14(金)

申込はこちら「たのしい科学実験」



『環境(ステップ2)』(全3回)
3/8(水)・3/22(水)・4/5(水)

申込はこちら「環境」



『元素講話(ステップ2~3)』(全4回)
3/29(水)・4/19(水)・4/26(水)・5/10(水)

申込はこちら「元素講話」



『ジオパークの地質学(ステップ2)』(全4回)
5/12(金)・5/19(金)・5/26(金)・6/2(金)

申込はこちら「ジオパークの地質学」



『数とプログラミング(ステップ1)』(全4回)
6/7(水)・6/14(水)・6/21(水)・6/28(水)

申込はこちら「数とプログラミング」

参加費
(入館料以外)
1000円+実費/回(入館料別途) 

企画展「3次元のかたち~作る技術、感じる技術~」

イベント詳細はこちら
開催期間 2017年3月25日(土)~6月11日(日)
開催時間 9:50~17:00(入場は16:30まで)
内容 コンピューターの発達によって、3次元のかたちを作り出す技術や、3次元のかたちを感じる技術は進歩しています。実際に見て、触って、体験しながら、その技術や最新研究にふれてみましょう。


展示構成


ゾーン1 3次元のかたちをつくる
コンピューターを利用した複雑な折り紙作品、3Dプリンター、立体的なかたちを作るデザインソフトなどを紹介します。

ゾーン2 3次元のかたちをみる
VR(バーチャル・リアリティー)や裸眼立体ディスプレイで3次元のかたちを見てみましょう。
※一部のVR機器体験には年齢制限があり、お子様は体験できない場合があります。

ゾーン3 3次元のかたちを感じる
触力覚技術、触覚ディスプレイ、触図などで、3次元のかたちを感じてみましょう。

特別展のチラシはこちらからダウンロードできます。
チラシ表面[PDF:655KB]
チラシ裏面[PDF:642KB]
参加費
(入館料以外)
無料(入館料は別途必要)

サイエンスショー(4月)「音」

イベント詳細はこちら
開催期間 2017年4月1日(土)、4月2日(日)、4月8日(土)、4月9日(日)、4月15日(土)、4月16日(日)、4月22日(土)、4月23日(日)、4月29日(土)
開催時間 11:00~11:20、13:30~13:50 (※4/23は11:00~の回のみ実施)
内容 音はどうして聞こえるのかな?
高い音と低い音の違いはなんだろう?
実験を通して音の秘密に迫ります。
参加費
(入館料以外)
無料(入館料は別途必要)

科学教室(4月)「風船ロケット」

イベント詳細はこちら
開催期間 2017年4月8日(土)、4月9日(日)、4月15日(土)、4月16日(日)、4月22日(土)、4月23日(日)
開催時間 13:00~16:30
内容 風船のゴムの反発力を利用して飛ぶロケットを作ります。
参加費
(入館料以外)
100円(入館料は別途必要)

第58回科学技術映像祭~入選作品上映会~

イベント詳細はこちら
開催期間 2017年4月18日(火)~4月23日(日)
開催時間 9:50~17:00(他のイベントを開催する際には中止いたします。)
内容 第58回科学技術映像祭において入選した作品を上映します。
優れた科学技術に関する映像を通して、科学のすばらしさや奥深さに触れてみてください。
(※)科学技術映像祭は つくば科学万博記念財団を含む3団体が主催しています。

上映プログラムはこちらからダウンロードできます。
上映プログラム[PDF:267KB]
参加費
(入館料以外)
無料(入館料は別途必要)

藻に名前をつけよう!

イベント詳細はこちら
開催期間 2017年4月22日(土)~6月30日(金)
開催時間
内容 変わったかたちの藻には学名とは違う和名(通称名)がつけられています。みんなで名前をつけてみよう。応募いただいた名前の中から、筑波大学の先生たちが選んで、藻類学会に報告します。
※下の応募フォームから投稿してください。

どんな藻?
「4~16個の細胞が集まっている。ときどき同じ粘液物質で包まれている。細胞は束状になっているか、細胞の中央部で重なって星状になる」
参加費
(入館料以外)
電話・フォームからのお問い合わせはこちらから 029-858-1100(代)※詳しくは、担当者までお問い合わせ下さい。